ItemGuerlainーゲラン

画像

1828年にピエール=フランソワ=パスカル・ゲラン (Pierre François Pascal Guerlain) がパリのリヴォリ通りに店を開いたことに始まる。
皇后ウジェニーに香水を献上したことにより帝室御用達となる。
1889年に発表したジッキー (Jicky) が近代香水として高い評価を受け、その後もルール・ブルー (LHeure Bleue) 、ミツコ (Mitsouko) 、シャリマー (Shalimar)、夜間飛行 (Vol de Nuit) などの香水を出して名声を得た。
ゲラン家は優れた鼻を持つ一族を選び出し教育を施して調香師を育て上げた。ゲルリナーデ (Guerlinade) と呼ばれる香りの調合法と処方を受け継ぎ、フレグランスの新しい歴史を刻んだ。
その香水の多くに、香りのイメージに合わせた、美しいデザインのバカラ社製の香水瓶を用いたことでも有名。
1914年にシャンゼリゼ通り68番地に店舗を開き現在に至る。